長期優良住宅で得する4つのポイント

資産になる

  長くもつ長期優良住宅は時間が経っても利用価値が高く、大切な資産となります。


優遇された控除が受けられる

 長期優良住宅は各種税金の軽減や住宅ローン減税、優遇金利引き下げプランなど、一般の住宅よりも、様々な優遇制度がうけられるようになっています


住みかえ制度を利用できる

 家を建てたあと万が一、急な転勤など予測していなかった事態が起こっても安心。長期優良住宅なら賃貸として家賃収入を得ることも可能です。定期の契約なので状況に応じてマイホームに戻ることができます。


工事が終わった後も安心

 建築のプロである私共が工事記録を作成し、管理まで行ないますので長期優良住宅の性能評価が下がる心配がありません。



 

1.耐震性

 地震に強く、倒壊しにくい安心の家

2.耐久性能劣化対策

 構造や骨組みのしっかりとした長く住める家

 

3.維持管理・更新の容易性

 メンテナンスの容易な家

4.維持保全維持保全管理・住宅履歴情報の整備

 「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家

5.住居環境

 地域の街並みと調和した家

6.省エネルギー性

 地球に優しく、家計にも優しい家

7.住戸面積

 必要な広さが確保された暮らしやすい家